体臭とは厄介なもの。

体臭というのは、とかくやっかいなものです。
わきの下のにおいも体臭の1つですが、自分自身では結構気づかず、
大概、他人に指摘されてやっと気付きます。鼻というのは、いつもかいでいるにおいに対
して慣れて仕舞うカタチを持っているからなのですが、指摘された奴はかなりへこみます。

診断を通じていて印象的なのは、「無臭」を好む動きが時世を追って強まって掛かるという点だ。に
おいをいわれたり、においがあるのではないかと疑心暗鬼になったりやる人物はこれまで以来
に増えているように感じます。世の清潔意図がそれを後押ししていらっしゃる而もあるのでしょうが、
この動きに対して私は、さっと違和感を感じます。わきの下のにおいがあるのは、医学的に
見ても、異常なことではないからだ。がんらい輩には、においが備わっていて、わきの下の
においを初めとする体臭は、色恋について働きかける企画の1つでもあるからなのです。

今のように「無臭」を強く嗜む時代に生きていると、においがある場合、或いは〃に
おいがあるのでは〃といった自覚して仕舞う場合だけで重圧になります。人前一般に、に
おいに関する憎悪フィードバックが強ければ著しいほど、こういう重圧は強くなります。重圧がオーバー
く、緊張状態が続くと、わきの下のにおいの原因となる汗の腺(せん)の没頭は活発にな
り、日増しににおいの原因を増殖させてしまう。そうしてその域が強くなる
という、においだけでなく、ワイシャツにトーンが染みついて、洗擢しても落ちづらくなったり、
汗の腐食動作にてドレスの寿命を縮めてしまい、経済的にも不利益を被りますし、
必須や勉強にも面倒が出てしまいます。